うみコン2018 海と産業革新コンベンション


事前登録はこちら

うみコンとは

海と産業革新コンベンション(うみコン2018)最新の技術や情報を共有・融合し、海洋産業の振興・活性化につなげるため、<br />
研究やビジネスに携わる人が、一堂に会する機会をつくりたい<br />
そうした思いから、産官学の連携組織「海洋都市横浜うみ協議会」によって企画された新たなコンベンションです。<br />
海洋に関する企業・研究機関・大学などが集積する横浜に、技術・研究成果・情報・製品が集結します。<br />
さまざまな関係者との交流やビジネスのきっかけ作りに、ご来場ください。

新着情報

最新の情報を随時更新しております。

2018.1.11  16日16時頃~ うみコン会場で、本場のスコッチウイスキーをどうぞ!
16日(火)16時頃より、スコットランド国際開発庁のポスター展示場所(ポスター展示B)前で、本場のスコッチウイスキーの試飲会を実施する予定です(数量限定)。
ぜひ、ご来場ください。また、会場内の飲食コーナーでは、横浜発祥キリンビールの一番絞りやワインなどの販売もあります。

2018.1.5  16日11:05~ FMヨコハマ「街角リポート」でおなじみ藤田優一さんが、うみコン会場からリポート!
FMヨコハマ「Lovely Day♡」の人気コーナー『街角リポート』でおなじみ藤田優一さんが 1月16日(火)うみコン会場に来場します。 11:05から、うみコンの様子をリポートします。

2018.1.5  メインセッション17日11時~ JAMSTECの海底広域研究船「かいめい」から海の様子を衛星生中継! 講演の様子はニコニコ生放送でネット配信も実施予定
九州工業大学社会ロボット具現化センターセンター長・浦 環様の講演「海中活動の新たなパラダイム~海のどこでもドア~」で、JAMSTECの海底広域研究船「かいめい」からのビデオ映像を連続して投影します。かいめいは沖縄海域にいて、順調にいっていればストリーマーケーブルを展張している予定。衛星経由で「かいめい」船上の研究者と議論し、かいめいの活動や海の様子を紹介してもらいます。すなわち「海のどこでもドア」です。ぜひ、ご来場ください。また、講演の様子はニコニコ生放送でネット配信も行う予定です。

2017.12.18  メインセッション、トピックセッション各プログラムの詳しい開催時間を掲載しました。
メインセッション、トピックセッション各プログラムの詳しい開催時間を掲載しました。 >詳細はこちら

2017.12.1  メインセッション16日12:30~ JAMSTEC理事長と企業トップ対談 ヤマハ発動機・柳社長の登壇決定!
「JAMSTEC理事長と企業トップ対談 海と人との関わり 現在から未来へ」で平朝彦JAMSTEC理事長と対談する企業トップが、ヤマハ発動機の柳弘之社長(次期会長)に決まりました。マリン製品を手掛ける世界的な企業と海洋の研究機関、それぞれの立場からトップが語り合います。ぜひご来場ください。

2017.11.30 ホームページを公開しました。



開催概要

名称

海と産業革新コンベンション ~ブルーアースとビジネスの融合~
(以下、うみコン2018という)

日時・場所

日時:平成30年1月16日(火)、17日(水)
時間:10:00~17:00
場所:大さん橋ホール(横浜港大さん橋国際客船ターミナル内)
   https://osanbashi.jp/access/

入場方法

入場無料
うみコンのご入場には、WEBからの事前登録が便利です。
事前登録の上、ご来場いただきますと、スムーズにご入場できます。

受付番号お知らせメールを送信する事前登録は15日12時までとなります。
また当日1/16(火)・17(水)も会場にて受付いたします。

会場構成

メインセッション

海洋に関する政策・研究・技術開発などの今後の展望について、キーパーソンが登壇します。

トピックセッション

企業・研究機関・大学などのプレゼンターが、テーマごとに研究成果、技術、取組を紹介し、交流のきっかけをつくります。

ポスター展示

研究成果や技術開発を紹介したポスターを展示。ポスターセッションでは研究者と直接、コミュニケーションを図ることができます。

企業・研究機関等ブース

水産、養殖、海洋資源、海洋観測、ロボティクス、再生可能エネルギー、IoT、レジャー等をテーマに、企業や研究機関、大学等がブース出展します。

交流スペース

飲食コーナーを併設したフリースペースです。参加者同士の情報交換や交流の場としてご活用ください。

商談スペース

横浜港を臨む見晴しのよい場所に、じっくりと話ができる商談スペースをご用意しました。(予約制ではありません。譲り合ってご利用ください。)

飲食コーナー

昼食や軽食、コーヒーなどソフトドリンク、アルコール類を販売しています。


※イベント内容は変更になる可能性がございます。


主催
海洋都市横浜うみ協議会/横浜市/
海洋研究開発機構〈JAMSTEC〉/海と産業革新コンベンション実行委員会

協議会・実行委員会の構成企業・団体:海洋研究開発機構<JAMSTEC>/水産研究・教育機構/海上・港湾・航空技術研究所(海上技術安全研究所・港湾空港技術研究所)/海技教育機構<JMETS>/帆船日本丸記念財団/東京海洋大学/東京大学/横浜国立大学/横浜市立大学/エンジニアリング協会/海洋産業研究会/日本舶用工業会/日本プロジェクト産業協議会<JAPIC>/横浜港振興協会/IHI/神奈川新聞社/千代田化工建設/東亜建設工業/日揮/日鉄住金物産/横浜港埠頭/横浜八景島/日本郵船/三菱重工業/内閣府総合海洋政策推進事務局/国土交通省関東地方整備局/国土交通省関東運輸局/横浜市(順不同)

協賛・協力

<協賛>
日本海洋事業/日本マントル・クエスト/ニッスイマリン工業/NEC

<協力>
横浜企業経営支援財団(IDEC)

同時開催

ブルーアースサイエンス・テク2018
1.16[tue]・17[wed]

海洋研究開発機構〈JAMSTEC〉が所有する研究船及び深海調査システムを利用した研究成果を発表し、研究分野の枠を越えた情報交換を行う場を提供するとともに、研究機関・大学・行政機関・企業と連携した海洋産業振興に資する連絡・交流の機会創出を目的に開催します。


詳細はこちら
第6回ブルーカーボン・シンポジウムin横浜
1.17[wed]

「海洋」を舞台とした温暖化対策プロジェクト「横浜ブルーカーボン」の取組事例等を紹介します。あわせて、「横浜ブルーカーボン・オフセット制度証書授与式」を行います。


海洋都市横浜うみ協議会とは

設立日:平成27年9月28日
名誉会長・会長 名誉会長 : 林  文子 横浜市長
        会長   :渡辺 巧教 横浜市副市長

設立目的:協議会参加企業・団体の皆様と議論しながら、産官学連携により、次の取組を進めます。
ア 海洋に関する活動の総合的な情報発信
イ 市民の海に関する理解・関心の向上
ウ 海洋環境の保全
エ 海洋産業の振興

海洋都市横浜(横浜市政策局)
トップへ戻る